人と地域を元気にするラジオ局「FMたんと」を運営しています。

大牟田・荒尾・みやまを放送エリアとするコミュニティFM放送局「FMたんと」を運営しています。タウン情報、天気予報や交通情報等の生活情報、行政情報を始め、災害時には行政と密に協力し、災害情報を発信しています。

fm_mv2
1Z4A1774
1Z4A1772
1Z4A1947
1Z4A1546
1Z4A1573
1Z4A1982
previous arrow
next arrow
 
fm_mv2
1Z4A1774
1Z4A1772
1Z4A1947
1Z4A1546
1Z4A1573
1Z4A1982
previous arrow
next arrow

局名の由来

FMたんとの「たんと」という言葉には、大牟田市、みやま市、荒尾市が、石炭とともに栄えた地域であるという「炭都」の意味のほかに、地域の情報を「いっぱい」集めて、地域の「たくさん」の人たちに、「ふんだん」に伝えていきたいという思いを掛けています。

放送区域は県境を越える3市

コミュニティ放送局の放送区域は、本来、一つの市区町村のエリア内とされています。しかしながら、大牟田市と隣接するみやま市、荒尾市は、社会的、経済的、さらには歴史的にも密接な関係をもって発展してきた地域であり、住民の生活圏域を同一にしているなど地域の一体性により、放送区域の拡大が認められました。

その結果、全国でも珍しい県境を超える3市を放送区域とするコミュニティ放送局が実現しました。

放送区域の3市のほかにも、柳川市、南関町、長洲町など、電波が届く地域では、家庭や車のラジオを聴くことができます。 放送局は、大牟田駅前のNTT大牟田ビル1階にあり、通りからも放送中のスタジオの様子を見ることができます。

周波数・空中線電力79.3MHz・20W
呼出記号JOZZ0CJ-FM
設置場所演奏所:大牟田市不知火町
送信所:大牟田市三池山
対象放送区域福岡県大牟田市、みやま市
熊本県荒尾市の各一部区域
開局日平成28年7月9日(土)

History

平成25年9月26日第27期第2回役員会にてコミュニティFM事業検討を提案
平成27年3月25日第28期第4回役員会にてコミュニティFM事業取り組みを承認
6月5日第28期株主総会にてコミュニティFM事業に関する定款変更承認
6月11日定款変更
6月18日コミュニティFM準備室立ち上げ
7月22日九総通に「3市を放送区域とする理由」書類提出
9月4日九総通に免許申請書ドラフト版提出
平成28年1月15日九総通に無線局免許申請書を提出
3月23日九総通より無線局予備免許の交付
5月10日九総通に無線試験電波発射届提出
5月11日スタジオ完成、送信所設備完成
5月19日試験電波発射開始
6月21日無線局免許交付
7月9日FMたんと開局
7月9日大牟田・みやま・荒尾市と「災害時における放送要請に関する協定」調印
7月26日第1回番組審議委員会開催
9月12日スタジオ外スピーカー設置工事
平成29年6月29日大牟田・荒尾・柳川警察署と「有明安全安心ホットラインに関する協定」調印
9月1日三池海上保安部と「有明海安全安心ホットラインに関する協定」調印
10月11日デジタルサイネージをイオンモール大牟田に設置し防犯文字情報配信
11月30日パーソナリティが大牟田警察署の一日警察署長に
平成30年11月25日FMたんと42.195kmリレーマラソン実施(1,255人参加)
平成31年1月18日大牟田警察署より感謝状(犯罪防止に関する広報啓発協力の功労)
2月11日自衛隊福岡地方協力本部より感謝状(広報協力の功労)
令和元年5月25日空中線電力を10Wから15Wに増力
6月3日KBCと「防災パートナーシップに関する協定」締結
7月5日JCBA九州地区協議会が大牟田(FMたんと)にて開催
7月9日FMたんと3周年
11月17日第3回FMたんと42.195kmリレーマラソン実施(1,230人参加)
令和2年9月19日空中線電力を15Wから20Wに増力
令和4年10月23日第4回FMたんと42.195kmリレーマラソン実施(941人参加)
令和5年10月22日第5回FMたんと42.195kmリレーマラソン実施(821人参加)